スマートフォン用の画像

居住者支援活動

居住者支援活動について

私たちは住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を養育する者、
その他住宅の確保に特に配慮を要する者)の民間賃貸住宅への円滑な入居の促進を図るため、
住宅確保要配慮者に対し家賃債務保証の提供、賃貸住宅への入居に係る住宅情報の提供・相談、
見守りなどの生活支援を行う活動を行っています。(住宅セーフティネット法第40条)

そして、その活動を行う団体の事を住宅確保要配慮者居住支援法人といい、
都道府県が指定します。

弊社は住宅確保要配慮者居住支援法人 千葉県支援法人第0006号になります。

弊社では、地域の不動産業者さまや行政と連携し、子ども支援活動の一環からDV被害からの保護、
低所得者さまなどへの住宅支援活動を行っています。

住宅確保要配慮者(低額所得者、被災者、高齢者、障害者、子供を養育する者、DV被害を受けて
困っている方、その他住宅の確保に特に配慮を要する者)さまでお困りの方がいらっしゃいましたら、
お気軽にお声掛けくださいませ。

不動産業者さまへの同行などを行い、入居活動を支援させていただきます。

また、住宅セーフティネットへの登録活動もしています。

住宅セーフティネットをご存知でない方は
こちらをご覧ください。
https://www.safetynet-jutaku.jp/guest/index.php